【スペシャル対談】日本の「多文化共生」が目指すべき未来とは?~アフリカ出身・京都精華大学サコ学長と在住外国人の課題解決に取り組むGTN代表・後藤が大学と民間の立場から語る~

  日本に住む外国人の数は290万人を超え、様々な国籍・民族の人々と共に生きる「多文化共生社会」の実現に向けた取り組みがますます重要になっています。しかし、留学生をはじめ在留外国人が日本で生活するうえで抱える社会課題は未だ多く、民間・大学・地域が一体となったアプローチが求められています。 日本で初めてアフリカ出身者として学長となった京都精華大学のウスビ・サコ学長と、創業から一貫して外国人専門を掲げ

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。
新規のメンバー登録は下記よりご登録ください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目

GTNサービス


TOPへ